スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mod 紹介】 F1 2005 CTDP 1.20

「F1 2005 CTDP 1.20」は、CTDP が制作した2005年のF1Modです。
[追記 2010/09/16]モンツァで最高速「370km/h」出ました!

100730_ctdp_2005_02.jpg

F1 2005 CTDP 1.20
http://www.rfactorcentral.com/detail.cfm?ID=F1%202005%20CTDP


■いまさら F1 2005 CTDP 1.20を紹介した理由
トップベージのModを見ると、1971年~2009年のF1Modが並んでいるのですが、
1994年~2008年の間のModがなかったので、その間で何か良いModを追加したいと思いました。

「F1 2005 CTDP 1.20」は、ドライバーの腕は動きませんが、
マシンのモデリングなどは良いと思いますし、現在紹介しているModとは違う挙動で、
全体的な完成度が高いと思ったので、ライブラリーに入れることにしました。

ずいぶん前にリリースされたModのようですが、rFactor暦約1年の自分にとっては結構新鮮な感じです。



■F1 2005 CTDP 1.20 の紹介
2005年のF1は、予選・決勝レースでタイヤ交換が原則禁止されたシーズンです。
交換ができるのは、事故を予防する目的(タイヤがパンク・バーストした場合)に限られました。

チャンピオンシップは、フェルナンド・アロンソとキミ・ライコネンが激しいタイトル争いを演じ、
アロンソが史上最年少(2005年時点)でタイトルを獲得しました!

タイヤ戦争は、ミシュランがブリヂストンを圧倒しましたが、
第9戦アメリカGPではミシュランタイヤの不具合で、ミシュランユーザーの7チームが
フォーメーションラップのみ走ってリタイヤするという大事件がありました。

ブリヂストンを使用していたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)は大苦戦し、
その第9戦アメリカGPで、ブリヂストンユーザー3チームのみ出走したときの
優勝1回でシーズンを終えました。

100730_ctdp_2005_01.jpg

100730_ctdp_2005_03.jpg 100730_ctdp_2005_04.jpg

100730_ctdp_2005_05.jpg 100730_ctdp_2005_06.jpg

100730_ctdp_2005_07.jpg 100730_ctdp_2005_08.jpg

100730_ctdp_2005_09.jpg 100730_ctdp_2005_10.jpg



■インストール
1)下記のページのからファイルをダウンロードします。
  http://www.megaupload.com/?d=QMGK11DM

2)ダウンロードしたファイル Formula_One_2005_by_CTDP_V1.2.zipを解凍します。
  解凍ソフトはWinRARがおすすめです。

3)Formula_One_2005_by_CTDP_V1.2.exe はインストーラーなので、
  インストーラに従ってインストールを進めていけば問題ないと思います。
  フォルダーを選択する画面になったら、「rFactor」フォルダーを選択して、
  インストール作業を進めてください。


インストールで、気になる点があったので書いておきます。

下記の画面では、MoteC(テレメトリー)は使用しないのでチェックをOFFにしました。
Low Resolution SkinPack は、低解像度のスキンパックです。
「グラフィックアクセラレータのパワーがちょっと物足りない・・・」なら、
入れておいた方が良いと思います。

それから、性能同一の「SERVER EDITION」も入れておきました。

100730_ctdp_2005_inst_01b.png



下記の画面は何も変更しない(初期の状態)で進めました。

100730_ctdp_2005_inst_02_20100807100901.png

100730_ctdp_2005_inst_03_20100807100915.png

100730_ctdp_2005_inst_04_20100807100930.png



■ローンチコントロールの設定
F1 2005 CTDP 1.20では「ローンチコントロール」を使用することができます。
「ローンチコントロール」は、スタート時のホイールスピンを抑えて
絶妙なスタートダッシュを可能にする補助システムです。

「ローンチコントロール」を使用するには、ボタンに割り当てる必要があります。

100730_ctdp_2005_11.jpg

1)メニュー画面の[SETTENGS]を選択します。

2)[CONTROLS]を選択します。

3)[MAPPINGS]の画面で、[Launch Control]をボタンに割り当てます。
  今回は、PS3のパッド(DUALSHOCK 3)の「L3」に設定しました。

4)設定したら、[Save]をクリックします。
  設定の名前(今回は「CTDP 2005」にしました)を入力して保存してください。



■ローンチコントロールの操作
1)ギヤをニュートラルにする
2)ローンチコントロールボタンを押して、アクセル全開.。
3)アクセル全開のままローンチコントロールボタンを離すとスタートします。


ローンチコントロールを使用しない場合との差は歴然で、
抜群のスタートを決めることができます。

オンラインで他の人も使っていればアドバンテージはありませんが、
スタートを失敗する可能性がかなり低くなるので、スタートがあまりうまくない
私にとってはうれしい機能です^^

100730_ctdp_2005_18.jpg

100730_ctdp_2005_19.jpg



■視点の変更
F1 2005 CTDP の TVCOCKPIT 視点は、若干斜めから見た状態になっているので、
camファイルを編集して正面の視点にしました。

※.camファイルを編集するので、元のファイルをバックアップしておくと良いと思います。

100730_ctdp_2005_16.jpg

CTDP F1 2005 SE(サーバーエディション)の、マクラーレンの視点を変更する場合
rFactor>GameData>Vehicles>CTDP>CTDP>CTDPF1_2005SE>チーム名(今回はMclaren)
フォルダーのMP420SE_cams.camを編集します。

MP420SE_cams.camを開き、
LocalCam=TV COCKPITの下記の(画像では青のハイライト表示)部分を探します。

初期の設定は、
PositionOffset=(0.054000, 0.588553, -0.0240790) (+Left-Right, +Up-Down, +Back,-Forward)
になっています。

CTDP2005 19
※画像をクリックすると拡大表示します。


今回は左右の角度を修正したいので、0.054000を0.000000に変更し、
camファイルを上書き保存します。

CTDP2005 20
※画像をクリックすると拡大表示します。


これで、TVCOCKPITの視点が正面になりました。

100730_ctdp_2005_17.jpg



■テスト走行
テストでは、CTDP F1 2005 SE(サーバーエディション)、
マクラーレンMP4-20(ファン・パブロ・モントーヤ)を使用。

モントーヤはファイタータイプで結構好きなドライバーでしたが、
2006年のシーズン途中でF1から去ってしまいました・・・。

サーキットは、ホッケンハイムリンク[MMG Germany08 V3]を使用します。
http://rfactor.blog61.fc2.com/blog-entry-149.html

100730_ctdp_2005_13.jpg


まず、標準のセッティングで少し走ってみました。
アシストは基本的にOFF、AC(オートクラッチ)のみONです。

ターンインのフィーリングは良いのですが、
クリッピングポイントをすぎて加速するときに唐突にスピンしてしまいます・・・。

タイヤのグリップ感はあるのですが、限界がつかみにくいですね。
滑りだしたと思ったらスピンしてしまいます・・・。

100730_ctdp_2005_14b.jpg

アシストをOFFで走るなら、標準のセッティングよりも、
もう少しアンダーステア傾向にする必要がありそうです。

フロントウイングを寝かせる 31>30
リアウイングを立てる 29>30

フロントの車高を上げる 4.0>4.5

リアのアンチロールバーを弱くする 90>40
リアのキャンバーを少し増やす -1.8>-2.0

キャンバーに関しては増やせば良いというわけではないのですが、
とりあえず、この変更でアシストOFFでもなんとか走れるようになりました。

試しに、TC(トラクション・コントロール)をONにすると随分乗りやすくなりました^^
このModは、TCのアシストがないとレースでは厳しいですね。

FSONE 2009 V1.0 は、マシンが少々スライドしてもコントロールできますが、
F1 2005 CTDP 1.20は、マシンをスライドさせるような操作は許されない感じです。

アシスト「OFF」では、コントロール(マシンの限界を把握すること)は難しいですが、
マシンの挙動は結構気に入りました^^

100730_ctdp_2005_15.jpg



■モンツァで最高速370km/hオーバー
2010年F1イタリアGP(地上波)で、「2005年にライコネンが最高速370km/hを出した」と
紹介されていたので、このModでもそのような速度が出るのか試してみました。

ウイング前7、後7、ブーストマッピング10、ギアレシオも最高速が伸びるように
変更してコースイン。このModは「加速感&スピード感」がスゴい!

1周してホームストレートへ。アクセル全開でどんどん最高速が伸びていく「速い、速い!」
ブレーキングポイント手前で「372km/h」出ました!!

パワー&スピード感があるので本当に楽しいModですね^^

100730_ctdp_2005_20.jpg


テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

 

rFactor
サイト内検索
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

rFactor F1 Mods
rFactorレース鯖・情報
リンク
ブログランキング★
ご質問について
MODの導入に関しては、あくまで自己責任でお願いします。

rFactorやModがうまく動作しない、Modの導入、使い方、エラーが出るなどのトラブルに関するご質問、ゲーム内容、攻略法などのご質問はお受けしておりません。サポートセンターのような対応や回答はできませんので、あらかじめご了承ください。

modの導入について
ご質問について
免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ツクモ ネットショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。